食空間プロジェクト

Blog & Column

トップページ > コラム > テーマ: Column&Lesson

カリモク家具新横浜ショールーム様 エントランスディスプレイ 2020~Summer_Autumn FSPJ Lesson⑮

  • 2020-10-15
【FSPJレッスン⑮】
                                   Tae
FSPJでは2016年2月より、
国内大手家具メーカー
カリモク家具販売 新横浜ショールーム 様にて
エントランスのディスプレイを担当させて頂いております。


2020年7月~展示しております季節のコーディネート展示が
11/17までとなりましたので
ので、ご報告させて頂きます。
また、FSPJ Lessonとして、テーブルコーディネートを楽しまれている皆様へ、
コーディネートに役立つHOWTOレッスンをお伝えしております。
第15回目は、カリモク家具 新横浜ショールーム様の
季節のコーディネート展示より、
「素敵なロッジに泊まるアフリカ・サファリツアー」の
コーディネート計画レッスンです。


 
【素敵なロッジに泊まるアフリカ・サファリツアー】

~コンセプト~

普段は毎日仕事に追われて忙しいけれど、ようやくもらえたVacation。
この夏、初のアフリカへの旅は大切な人と素敵なロッジにお泊り。
明日のサファリツアーに今から心躍るけれど、今日はコーヒーやワインを飲みながら、
ゆったりとロッジから野生動物のウォッチングを楽しもうかな。


**********************************
季節は初夏~初秋です。
湿度の高い日本の夏とは違い、乾燥したアフリカの大地と、そこにある素敵なロッジ。
外は太陽が照り付ける一方で、ロッジ内は爽やかな風が吹き抜け、
そこから野生動物を眺める。そんな大人の少しリッチな旅をイメージしました。
こうしたコンセプトを基に、実際のコーディネートを考えていきます。

ディスプレイの中心となるセンターピースは、
アフリカのサバンナに力強く生きるグリーンをメインに。
乾燥した大地をイメージしているので、”華やかな花々”より”グリーン”を多用しました。
また、流木を置くことでアフリカのワイルドさを演出しています。

今回、ワイルドさを出すため、グリーン、ブラウン、ブラックと、
ダーク(低彩度)
な配色意識していますが、クロスに乾燥した大地をイメージした
アイボリーを用いたり、ポイントとして黄色やオレンジ色のワイルドフラワーを入れることで
暗くなり過ぎないようにしています。
 
クロスはアイボリーと黒&ブラウンのレオパード柄の2種類を使用しました。
レオパード柄はテーブルクロスではなく、実は大きめのストールを使用しています。

2種類のクロスは色も全く違うため、一方を斜めに敷くことで見る角度によって
クロスの色分量が変わり、イメージも変わります。

黒&ブラウンのレオパード柄のクロス(ストール)は暗い色調ですが、
軽い素材のため、その柔らかい質感で見た目の重さを軽減しています。
また、流木にもシフォン調の生地をふんわりと巻き付けることで、
全体的にワイルドなテーブルにエレガントさを加えています。

今回は、レオパード柄やゼブラ柄、食器に使われている幾何学模様等、
「柄x柄」の掛け合わせも大胆に。
更に、ガラス、アイアン、ウッド等、フィギアや花器に異素材を多用しながらも、
統一感が失われないように配色でバランスをとり、
グリーンを散りばめることでテーブル全体が繋がるよう意識しました。



フィギアには海外への旅をイメージしやすいように地球儀やトランクを。
そしてサファリツアーをイメージして双眼鏡や写真集等をディスプレイしたことで、
ストーリー性のあるコーディネートになっていると思います。

コンセプトに合うフィギアを取り入れると、
一気にその世界観に引き込まれると思いませんか?



皆さんも、是非、そのコンセプトの情景が浮かぶような
コーディネートを楽しんで作ってみて下さい。  
 
 
 
◆コーディネート担当
FSPJ認定コーディネーター 
食空間プランナー Tae→

 
〜こちらの展示は、11/17までご覧いただけます〜

詳細はこちら

 
〜過去のFSPJLesson〜




最新記事

テーマ一覧

BusinessSchoolReservationMail Magazine