食空間プロジェクト

Blog & Column

トップページ > コラム > テーマ: Works

【ご報告】食空間×プロジェクションマッピング&トークショーのご紹介~FSPJ交流会2019~

  • 2019-03-27
WAMI

 

◆FSPJ代表より開催の御礼→
◆開催報告&メインディスプレイ&フォトブース紹介→
◆ゲスト&バーエリア装飾・ゲストのご紹介→
◆食空間専門資格・授与式のご紹介→

FSPJがプロデュースする今回のイベントでは、
食空間での新たな演出として、異業種とのコラボレーションによる
これまでにない発想や可能性を提案させて頂きました。

今年のテーマ「Virtual Driving」に基づき、
Virtual×車×食空間をキーワードとして
2つのコンテンツをお楽しみいただきましたのでご紹介いたします。



 ◆プロジェクションマッピング~Virtualテーブルコーディネート~



野外や建物を使った一般的な大規模演出ではなく、
テーブルトップでのミニマムな世界で、プロジェクションマッピングを
取り入れたFSPJオリジナルの演出をご覧いただきました。

センターピースやフィギュア等の装飾物がなくても、
プレートやグラスを立体的に縁取りし、クロスの色柄が様々に変化します。
また、一瞬で時空を超えたあらゆる場所にトリップし、
食空間のイメージを操ることが可能になります。

今後は、白いテーブルさえあれば映像で立体や動きを与え、
よりエンターテイメント性の高い非日常の食空間の演出としても、

プロジェクションマッピングを取り入れた
新たな食空間提案が
選択肢の一つとなってくることでしょう。


一部動画でご紹介※音声が出ます
https://youtu.be/9M086JRncDo

ご参加いただいた皆様からもインパクトや驚きのある
新しい提案にご満足いただけたようでした。


 
◆CarDesign×食空間トークショー
 
Car Design Academy」校長で、現役のカーデザイナー
 喜屋武 タケル氏をお迎えして、食空間プロデューサーMIKOとの
トークショーをお楽しみ頂きました。
 
CarDesign業界の傾向や、イメージを形にするプロセスとして
食空間と共通する点、女性の視点も取り入れたデザインが重要視されて
きていることなども興味深くお伺いしました。



また、今後主流になっていく自動運転による車内インテリアの食空間化
についても、「食空間プランナーが考える・車×インテリアデザイン」の
イメージを参加者の皆様にもお伺いしながら、
近未来に向けての「車×食空間」のイメージを膨らますことができました。



右から テーブルマッピングのオリジナルコンテンツ制作頂いた
 WaveLobo社長 佐藤様
トークショーゲストの NORI, inc.取締役 喜屋武様

この度はありがとうございました。


◆担当ディレクター

総合司会
プロジェクションマッピングディレクター&ナレーション担当:
WAMI

また、当日の進行にあたりイベントの裏舞台をサポート頂いた皆様の
ご紹介はこちらです。

Event&Party実例はこちら〜
 

最新記事

テーマ一覧

BusinessSchoolReservationMail Magazine