食空間プロジェクト

Blog & Column

トップページ > コラム > テーマ: School > 季節のデモテーブル紹介

【季節のデモテーブル】エレガント×シック(2019年6月~9月)

  • 2019-09-24
【ご紹介・季節のデモテーブル】
 


毎月開催されている「食空間アドバイザー®」取得の基礎講座では、
季節に合わせたデモテーブルを実際にご覧いただいております。
 
2019年6月~9月は、
FSPJ認定コーディネーターのHARUMIが担当致しましたので、ご紹介します。


・・・

【極上のティーパーティー】
 

【 コンセプト 】
夏の休日、都会の喧騒を遠く離れ友人達と共に高原の避暑地へ。
散策も終わった午後の遅い時間、緑の木立に囲まれたオープンテラスで
ティーパーティーを楽しみます。 時折吹き抜ける優しい風が紅茶の香りを
舞い立て、ガラス器に入る紅色が空間に彩を添えていきます。
木々の合間から差し込む光が徐々に夕暮れの気配を漂わせる中、
会話はとどまることなく、極上の時間はゆっくりと穏やかに
心を満たしていきます。
****************************************
 
季節は夏。 イメージは高原。
夏の休暇の避暑地での午後~夕刻、深緑の森の中で優雅な女性たちが
ゆっくりとお茶を頂きながら、時間が過ぎていく・・・
という情景をイメージしたコーディネートです。


今回の基礎デモテーブルでは、深いグリーン・グレー・シルバーをメインカラーとし、
極力白を使わない シックな配色計画となっています。
暗めな配色で「夏」を表現するために、ガラス食器を多く使いました。

また、テーブルのガラス面の上に薄いオーガンジーの布をかけ軽やかさを演出しながら
ランナー状にクロスをかけ、テーブル全体の印象が重くならないように、
バランスをコントロールしています。


四季のある日本では、季節を表現したい時に「花」が重要な役割をします。
それと同時に、植物の「葉」も季節の変化と共に姿や色彩が移ろいます。

春は新芽から新緑の黄緑色、夏は力強い深い緑に変化し、秋には紅葉、
冬には葉が落ち枝だけとなり… というように、葉の姿・色でも、
季節を表現することが出来ます。

今回のテーブルの季節は「夏」なので、夏を表現するためにグリーンも
「濃い緑」の植物を選びました。
「緑」も、数種類の植物を使う事により色の濃淡が生まれ、より植物の
生命感と奥行き・深みのある表現 が可能となります。


場所は「高原」なので、高原に生えるシダやツル植物を選びながら、
スモーキーなユーカリも取り入れており、シチュエーション・イメージが
大きくずれないように配慮しながらトレンドを意識した植物選びを
しています。


また、このテーブルでは、あえて「花」は一輪も使わず、「葉」の
グリーンだけで構成しています。
花なしで女性らしさ出すために、中央にあるティーポットのフォルムや
テーブル小物の加飾、フリルのテーブルナプキン、
アンダーに引いているオーガンジーの布の柔らかさ・・などで
エレガントな要素を取り入れています。


そして、額縁やケーキスタンド、テーブル小物にあえてビンテージ感の
あるものを使う事により、洗練された
トレンドのMIXスタイルを完成させました。


****************************************
 
こちらの基礎デモテーブルをもとに、「森のウェディング」のテーマで
シチュエーションと空間をプラスしてウェディングバージョンにアレンジした
「食空間」を東京ビックサイトで行われた、ブライダル産業展2019にて
展示を行い、 多くのご来場の皆様にご覧いただきました。  



・・・
 
◆コーディネート担当
FSPJ認定コーディネーター 
食空間プランナー HARUMI→

 
※現在募集中の基礎講座は
下記バナークリックからご覧いただけます


最新記事

テーマ一覧

BusinessSchoolReservationMail Magazine