食空間プロジェクト

Blog & Column

トップページ > コラム > テーマ: School > 季節のデモテーブル紹介

【季節のデモテーブル】ダンディー×モダン(2018年10月~2019年1月)

  • 2019-01-11
【ご紹介・季節のデモテーブル】
YUMIKO


毎月開催されている「食空間アドバイザー®」取得の基礎講座では、
季節に合わせたデモテーブルを実際にご覧いただいております。
 
2018年10月~2019年1月は、
FSPJ認定コーディネーターのYUMIKOが担当致しましたので、ご紹介します。


 
【流星群を楽しむ夜更け】



【 コンセプト 】
仕事を早く切り上げて足早に向かうのは、郊外のセカンドハウス。
毎年12月のこの時期は、寒さも厭わず天体好きな仲間たちが集合します。
極大を迎えるふたご座流星群を待ちわびながら、期待感をつのらせる時間。
夜空をイメージさせる器でいただく出張シェフのスペシャリテとお酒をおともに、
同じ「好き」を楽しむ友人との至福の時間が、何よりの贅沢なひとときです。
さあ、今宵は大人の天体観測会を心ゆくまで楽しもう。
 
****************************************
 
テーブルコーディネートを計画する際に、
「どんな人がテーブルを囲むのか」ということを考えるのは
とても重要なポイントです。

子どもがいる場合は、安全で気軽なプラスチックや紙素材を使うのも良いですし、
外国からのお客様の場合は、食文化の違いに配慮するのも大切です。

今回の季節のデモテーブルでは「男性」をキーワードに、
男性が座っても居心地のよい食空間を計画いたしました。
 
 
配色計画は、男性でも受け入れやすいブルーとブラウンをベースに設定しました。

ブルーは一見すると、涼し気な印象になりがちです。
そこで、秋冬の季節感を表現するために小分量でファーを取り入れ、
フラワーやフィギュアに添えました。

毛足の長いファー素材を食事ゾーン(パーソナル)に置くのは
繊維が飛んでフードに混入する可能性もあり、あまり良くありませんが、
フラワーやフィギュアを置くパブリックゾーンであれば、
こうしたひと工夫で季節感の演出をするのもよいですね。



また、素材に注目すると、男性らしさを演出するものとしては、
線が細く華奢なものより、力強く重量感のあるものがおすすめです。
今回は、折敷の素材に注目し、
「エコカラット」というタイル調の素材を使用しました。

エコカラットは、通常は室内の湿度調整や消臭のために
壁面に使用されるインテリア壁材ですが、
色柄も豊富に展開されており、テーブルウェアとしても
コースター等に加工されるなど活用されています。

さらに、折敷にはオーストリッチ柄のハードなフェイクレザーを巻き
より男性的でかっこいい雰囲気を演出しました。



さらに、今回はご協賛いただきました
有田焼窯元「やま平窯」様の黒泡シリーズの器から
宇宙や夜空をイメージし、
コンセプトの「流星群を楽しむ夜更け」というシチュエーションを表現しました。
 
コーディネートを考える際に、こうして一つのアイテムからイメージを広げ、
コンセプトを深めていくのも楽しいですよ。

※やま平窯様のご紹介はこちら→




テーブルを演出するフィギュアのセレクトは、コンセプトと連動して
月球儀や天球儀、星のモチーフなどを選んでいます。
また、ヴィンテージ感のある素材や色にもこだわりました。


このように、テーブルに座る人を想像し、
ひとつの器からイメージを広げて表現した今回の季節のデモテーブル。
皆様も自由な発想でテーブルコーディネートを
楽しんでいただけたら嬉しく思います。


・・・
◆コーディネート担当

FSPJ認定講師・コーディネーター 
フラワー&食空間プランナー YUMIKO→



 

※現在募集中の基礎講座は
下記バナークリックからご覧いただけます



最新記事

テーマ一覧

BusinessSchoolReservationMail Magazine