食空間プロジェクト

Blog & Column

トップページ > コラム > テーマ: Column&Lesson > FSPJ Lesson

【ご報告】カリモク家具新横浜ショールーム様エントランスディスプレイ 2022spring FSPJ Lesson⑳

  • 2022-07-12
【FSPJレッスン⑳】
MIYAKO



FSPJ Lessonでは、
テーブルコーディネートを楽しまれている皆様へ、
コーディネートに役立つHOWTOレッスンをお伝えしております。

第20回目は、カリモク家具 新横浜ショールーム様の
季節のコーディネート展示より、
【中東のオリエンタルなリゾートスタイル】
コーディネート計画レッスンをお届けします。


~トルコの伝統に触れる~
【中東のオリエンタルなリゾートスタイル




~コンセプト~
世界最大料理の一つを誇る、美食大国トルコで
絶景と美味しい食事を堪能する旅へ。
東洋と西洋の交差点ともいわれる魅惑の国で、
伝統とオリエンタルに触れる贅沢なひと時を楽しみます。


************************

絶景レストラン「コンヤル(トプカプ宮殿)」でのランチでは、
オープンテラスに広がるマルマラ海やボスポラス海峡を眺めながら
紅茶大国トルコの紅茶「チャイ」や「トルココーヒー」
郷土料理や甘いスイーツいただきます。






POINT① 【伝統と模様を採用する】

「東洋風・東洋的」を意味するオリエンタルを表現する上で
欠かせない要素のとして挙げられるのは、『伝統』と『模様』です。
今回はトルコのオスマン帝国時代の芸術が詰まった
伝統(キュタフヤ陶器や銅製品のバスク)や
模様(イズニックやアラベスク模様)、
伝統色を取り入れたアイテムを多用することで、
空間のオリエンタル性をより一層高めています。

 


POINT②【季節をイメージさせる色相配色】

季節は春から初夏。
ポジティブで活動的な印象の春には多くの草花が色付きます。
甘美や優美をイメージする明度の高い色調をイズニック装飾で表し、

エネルギッシュな躍動感のある初夏のイメージは彩度の高い花装飾、
爽やかさや清々しさはトルコ刺繍が施された
透け感のある白いレースクロスで表現しています。




POINT③【素材の掛け合わせ】

テーブルイメージの決め手となるテーブルフィギュアは、
イズニック装飾の陶器と銅製品をメインに
ガラス素材のアイテムなど複数の素材を掛け合わせることで
東洋らしさとリゾート感を強調しています。






ファーストキャッチとなる中央のアレンジ花には
同シリーズでデザインの異なる花器に
トルコの国花チューリップを思わせるアンスリュームをはじめ

やや肉厚で存在感のある花材を選び華やかさを。

ライトカラーからディープカラーへ掛けて、
比較的色調の低い花瓶や花材を多色でセレクトすることで

上質感を演出しています。
また、同素材の花やリーフを全体に流すように使用することで
テーブル上に動きを出しています。





テーブルの左右にはイスタンブールの世界遺産でもあり
トルコの文化を象徴する優美な景観の「ブルーモスク」に見立てた
種類の異なる蝋燭スタンドを左右に高低差置きで表現しています。

蝋燭(またはLEDライト)を灯せばより幻想的ですが、
ここでは1つのスタンドに花装飾を施しています。





個性の演出には、世界最古の手工芸の一つと伝わる
トルコのタイル装飾『イズニックタイル』を伝承した
イズニック装飾の施された「キュタフヤ焼き」陶器を。

代表的なトルコブルー(ターコイズブルー)をはじめ、
赤、緑といった複数の色が用いられているのが特徴です。


セカンドキャッチともなる絵皿は、
大きさの異なる大小をイーゼルに立てて並べることで
存在感を引き立たせています。




「トプカプ宮殿」を飾る青いタイルをイメージし
国花のチューリップ模様が美しい
陶器の絵皿やタイルを取り入れることで、
オリエンタル感とオリジナリティーを演出しています。




トルコの人にとって欠かせないのが
「チャイ」と言うトルコ式の紅茶です。
朝起きたらまずはチャイを飲み、朝ごはんやお昼ごはんの後にも、
友人と立ち話する時や観光先でもチャイを。
どこへ行ってもいつもそばにあるのが「チャイ」です。

そんなチャイは「チャイダンルック」という二段式のポット
(サモワール式)を使ってチャイグラスに淹れられます。
ここでは「ロクム」と呼ばれるお菓子を入れるためのロクム入れと一緒に
優雅なティータイムを
受付側に表現しています。




ここでは香りの演出として、
実際に紅茶をロクム入れに並べて香りを立たせることで

嗅覚でも楽しんでいただけるようにしました。




そして、トルコと言えばもう1つ忘れてはならないのが、
日本の和食と同様にユネスコ世界無形文化遺産として
登録されている
「トルココーヒー」です。

トルココーヒーの伝統文化を南東入り口側で表現しています。
ここでも先程同様に、コーヒー豆やその粉末をカップへ入れて
香りの演出をプラスしています。
また、高さをプラスすることで立体感を出しています。





そんなトルコでは、「バルク(銅製品)」と呼ばれる
伝統の銅製品を使用するのが一般的です。
色はブロンズとシルバーの2種類が主流ですが
今回は季節感を考慮し、
チャイグラスやコーヒーカップなどは
全てシルバー色で統一。
洗練されたデザインは重厚感と非日常感を与えてくれます。



旅行へ行くもう一つの楽しみと言えばお土産。
お土産屋さんで良く見かけるエジプトの香水瓶を並べて
遊び心をプラスして添えています。


************


東洋的なエッセンスとなる伝統文化や模様、伝統色。
そのポイントをさえ押さえれば、オリエンタルStyleも
これまで以上に身近な存在になります。
皆さんも東洋の素敵な食空間にぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・



コーディネート担当
FSPJ認定講師・コーディネーター
通地 美弥子→



〜過去のFSPJLesson〜

INDOOR おしゃれピクニックのコーディネート計画


「都心のオアシス女子会ランチ」のコーディネート計画


「大人たちのキャンドルナイト」のコーディネート計画



「サンダウナー・ディナー」のコーディネート計画


「それぞれの趣味を楽しむ夜更け」のコーディネート計画
 

「流星群を楽しむ夜更け」のコーディネート計画


「春を感じるニューヨーク旅行の思い出」のコーディネート計画

⑧「パンとワインを楽しむガーデンパーティー」のコーディネート計画

⑨「アジアンリゾートを楽しむ大人のSummer Vacation」のコーディネート計画


⑩「極上のティーパーティー」のコーディネート計画


⑪「晩秋の中国へ思いを馳せる」のコーディネート計画

⑫「季節を愉しむ大人の和モダン」のコーディネート計画


⑬「世界を旅するコーディネート~パリからの手紙」のコーディネート計画


⑭「軽井沢を堪能♪美味しいものを食べたい!オトナ女子の日帰り旅行」のコーディネート計画



【素敵なロッジに泊まるアフリカ・サファリツアー】のコーディネート計画


【北欧のWINTER SEASON】のコーディネート計画


⑰【ニューノーマルな朝の贅沢】のコーディネート計画



⑱【青い清流と切子】のコーディネート計画



⑲【Happy Holidays!おうち時間に魔法をかけよう!】のコーディネート計画  

 

 

 
LINE公式アカウント(新規お問い合わせ窓口)
 

最新記事

テーマ一覧

BusinessSchoolReservationMail Magazine