食空間と女性のライフスタイルを創造する。テーブルコーディネートスクール,食空間プロデューサー養成講座,食空間インテリアスタイリング撮影,パーティー・イベントプロデュース,食空間コンサルティング

代表History

MIKOHOUSE SALON 2009
NoritakeSpringCollection2009
新聞社主催「お正月講座」2010

STAGE2 日常を楽しむインテリア&テーブルコーディネート

2008年4月に「マリナーゼインテリア」を設立し、自宅サロンを拠点地(新浦安サロン)として、「日常を楽しむ インテリア&テーブルコーディネート」を主婦とプロの目線をかけ合わせた独自のレッスンを開催しました
東京ドームテーブルウェアフェスティバル2008、2009での連続入賞をきっかけに始めたMIKOブログは、あっという間に 読者が広がり、地元のみならず、遠方からもサロンに通って下さる方が増えていきました。

また、様々な新聞・雑誌の記者さんからの取材や、住宅展示場や東京ビックサイトでの講演やブース出展など、驚くほどのスピードで企業様からもお仕事の依頼を頂くようになりました。

とはいえ・・・当時幼稚園に入ったばかりの長男と、1歳の次男。可愛いさかりだったため、あえて昔のような「仕事中心」ではなく「家庭保育」を中心とし、月に数日だけの保育と、早朝の数時間だけ・・・といった自分なりの活動スタイルを生み出し、タイムコントロールと仕事の制限をしておりました。

そのおかげで、就学前の兄弟との時間を自分なりに楽しむ事が出来ましたし、1日2回の公園遊び生活も(疲) 兄弟でおむつだった時代も(笑)、何かやろうと思うと不思議と発熱されてしまっていた事も(汗)・・・全て良い思い出です。

人から見れば「大変」だったのかもしれません。ですが、私にとっては、子育ても活動も好きな事に「夢中」でしたし、何より 楽しみながら続ける事の出来る絶妙なバランスと頭の切り替えを保って両立していた ような気がします。
当時のマリナーゼインテリアのコミュニティーは、子育て優先で「好きを形に・・・」という価値観をもった女性が多く集まってくださいました。

子育て中の女性は、家の中に引きこもりがちな人も多い事と思います。子供と向き合う食事、片づけ、掃除、自分の食事・・・ ふとすると、食空間は「作業の場」に感じてしまう事も多いでしょう。。。

ですが、その忙しい中でもちょっとお花を飾ったり、器の色を楽しんだり、家族の為のお祝いをしたり・・・と、ちょっと一呼吸して、日常の中の「非日常」を自分の手で創りだす事で、食空間は、自分の生活を創造(クリエイト)出来る空間にも変わるのです。 その可能性を生んでくれるひとつのお手伝いが、「インテリア&テーブルコーディネート」のスキルであると思います。

日常には、時間・空間・予算など・・・全て限られた状況・条件が集まっています。 ですが、その中で「楽しむ」ということは、創造性や即興性そして「柔軟な思考回路」が必要となります。 何もないし、何も出来ないし無理・・・・と思ってしまえば、それまでですが、「出来る方法」や「ないものから生み出すアイデア」などは、 コーディネートに限らず、人生の捉え方にも通じるものではないかと思います。

 

STAGE1 イメージを形に〜人生の優先順位

STAGE2 日常を楽しむインテリア&テーブルコーディネート

STAGE3 食空間に特化したプロフェッショナルチーム

STAGE4 テーブルコーディネートから女性のライフスタイル提案へ

代表プロフィール

(C) Marinaaze Interior. All Rights Reserved.